So-net無料ブログ作成
検索選択

魚住純子さん死去、でもWikiにも載っていないプロフィールとは [ニュース]

WS001061_compressed
http://www.so-pro.co.jp/talent/profile_26.html

昭和の名女優

 

■概要■

ひめゆりの塔などに出演された、昭和の女優「魚住純子」さんが1月13日、東京都板橋区にある病院で肺炎のために亡くなっていたことが分かりました。81歳とのことです。
魚住さんは「水色のワルツ」や「ひめゆりの塔」を始めとした多くの映画に出演され、NHK銀河テレビ小説などドラマにも出演されていました。
なお、葬儀は家族のみで行いますが、後日、お別れの会を開く予定とのことです。

 

魚住純子さん死去

昭和30年台に活躍されていた女優さんということですが、さすがに管理人も記憶に無いですね。


NHKの銀河テレビ小説にでていたということですが、この番組は、1969年から1989年まで、朝の連続テレビ小説に追いつけ追い越せと企画されたテレビドラマですが、こちらも名前しか知りません。


ただ、お顔は拝見したことがあるんですよね。


昭和初期を題材にしたテレビドラマ、たとえば、金田一耕助シリーズみたいな作品で見かけたような気もするんですが、きのせいでしょうか。


今回、亡くなられたということで、改めていろいろと調べてみたんですが、まず、ビックリしたのがWikiに掲載されていない!


Yahooニュースで速報されるほどの女優さんが、Wikiに掲載されていないということは、最近は全然活躍されていなかったということでしょうか。


とりあえず、調べてわかったことだけでも書いてみますね。

 


スポンサーリンク




 

魚住さんは1937年6月の生まれで、都立竹早高校から松竹音楽舞踊学校へ進み卒業されています。

松竹音楽舞踊学校というのは、平成4年に廃校になった松竹歌劇団(SKD)の劇団員養成機関です。

当初は、松竹少女歌劇学校といったそうですけど、魚住さんが入学される前後に松竹音楽舞踊学校に改称されたそうです。


松竹歌劇団では清純派として売り出していた魚住さんは、その後、東宝芸能に移り、本格的に女優として活躍されます。

「水色のワルツ」が1952年、「ひめゆりの塔」が1953年の作品ですから、魚住さんが10代の頃に出演されたということですか。


ひめゆりの塔では主役が岡田英次さんと津島恵子さんで、魚住さんは女学生役ですね。

WS001061_compressed
http://blogs.yahoo.co.jp/sasuraino777/GALLERY/show...(津島恵子さん)


松竹時代は清純派として活躍されていた魚住さんですが、当時の映画業界は「任侠もの」と「エログロ路線」が主流となっており、新東宝には三原葉子さんなどの元祖セクシー女優と言われる名女優が在籍していました。


WS001061_compressed
http://thunderroad2.seesaa.net/archives/200812-2.h...


魚住さんも清純派から、妖艶な演技もできる女優へと方向転換され、多くの作品に出演されていたようです。

この頃に出られていた作品には「黒線地帯」や「女王蜂の逆襲」など、B級のかほりのする過激なタイトルの作品が並びます。


その後、芸能界から距離を置き、居酒屋を経営されるなどしていたこともあったようですが、実業家の滝進太郎さんと知り合い、タキ・レーシングを共同経営されたこともありました。

タキ・レーシングというのは、いわばレーサーの育成学校のようなもので、レーサーの1日体験もできる施設のようですね。

当時の魚住さんの肩書は営業部長だったそうですから本格的です。

おそらく、芸能人としての広報活動なんかもされていたのかもしれません。


あまりにも、情報の少ない魚住さんですが、きっとどこかの作品で目にしたことがあるのだと思います。

ご冥福をお祈りします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。